facebook Instagram パンフレット お問い合わせ アクセス

十八の丁石

明治21年の長野駅開業の際、阿弥陀如来様が立てた四十八の願の中でも特に重要な「弥陀の十八願」にちなみ、善光寺本堂から十八丁(約2km)の場所に駅舎を建設することになりました。
長野駅の新幹線改札前には、善光寺の額とともに、十八丁の文字が刻まれた石が置かれています。これは丁石と呼ばれる道標で、駅から善光寺までの表参道の両側に一丁、約109mごとに置かれています。


住所 お問い合わせ
ホームページURL マップコード *
アクセス方法
駐車場情報
営業時間 定休日
料金
備考 所要時間:(丁石を見ながら長野駅~善光寺間の表参道を歩いて)約1時間

* 「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

閉じる

確認

マイプランに追加されました。マイプランを見ますか?