facebook パンフレット お問い合わせ アクセス

開花情報

開花情報メインイメージ

雪解けの早春から色づき深まる晩秋まで、市内のあちこちで花の開花リレーが続きます。
寺社とともに歴史を刻んだ銘木や高原の可憐な花々など、名所の開花情報をご案内します。

開花時期カレンダー
3月 4月 5月 6月 9月 10月 11月
上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬 上旬 中旬 下旬 上旬 中旬 下旬 上旬
                そば   紅葉
      あんず   水芭蕉                    
        リュウキンカ                    
福寿草       ニリンソウ                    
            カタクリ                    
            ツツジ                
            フジ                    

※カレンダー上の各花のバナーをクリックすると、長野市内で該当するスポットの情報が閲覧できます。

2020/04/24 更新 散りおわり

城山公園の桜

例年の見頃:4月中旬~4月下旬

善光寺の東隣にある長野市随一の桜の名所で、約470本のソメイヨシノが咲き誇ります。雲上殿へつづく坂道には、ぼんぼりも設置され、お花見の時期には名物の花見茶屋も出て多くの人で賑わいます。

散りおわり

散りおわり

2020/04/30 更新 散りおわり

善光寺雲上殿の桜

例年の見頃:4月中旬~4月下旬

善光寺の裏手から雲上殿につづく桜坂や展望道路を含め、約650本の桜が楽しめます。雲上殿は高台にあるため、長野市内が一望でき、桜坂にはぼんぼりが灯り夜桜や夜景も同時に楽しむことが出来ます。。

散りおわり

散りおわり

2020/04/27 更新 散りおわり

川中島古戦場史跡公園の桜

例年の見頃:4月中旬

川中島の戦いの時、武田信玄の本陣のあった八幡原は、今は緑豊かな公園となっており、約100本のソメイヨシノが楽しめます。

散りおわり

散りおわり

2020/04/13 更新 散りおわり

典厩寺のシダレザクラ

例年の見頃:4月上旬~中旬

本堂前の庭園に4本のシダレザクラと2本の大山桜が混在し、シダレザクラが満開の時期には庭を埋め尽くす程の桜が広がります。シダレの満開から少し遅れて 濃いピンク色の大山桜が咲き始めます。
※拝観時間 / 8:30~17:00 拝観料/200円 資料館あり

散りおわり

散りおわり

2020/04/17 更新 散りおわり

光林寺のシダレザクラ(篠ノ井)

例年の見頃:4月中旬〜下旬

篠ノ井の中尾山温泉の近くにある光林寺は浄土宗の古刹で、川中島の戦いの折には武田信玄が陣を張りました。樹齢約300年のシダレザクラが6本、ヨシノザクラ(ソメイヨシノ)が15本あります。ゆったりと枝を伸ばした桜は見事です。

散りおわり

散りおわり

2020/04/22 更新 散りおわり

松代城跡の桜

例年の見頃:4月中旬

真田十万石の城下町松代にある松代城跡は、かつて武田信玄と上杉謙信の戦いの時、信玄の拠点として築かれ、後に真田氏の居城となりました。江戸末期の城郭空間に咲く約100本の桜が、往時の風景を彷彿とさせます。「戌亥の櫓台」は展望台となっており、桜とともに冠雪のアルプスを眺めることができます。

  • ライトアップ
散りおわり

散りおわり

2020/05/08 更新 散りおわり

素桜神社の神代桜

例年の見頃:4月下旬~5月上旬

国の指定を受けた天然記念物のエドヒガンザクラです。スサノオノミコトが差した杖が大きくなったと伝えられています。目通り幹囲は約11m、推定樹齢1,200年の巨木です。素桜神社の境内にあります。

散りおわり

散りおわり

2020/04/24 更新 散りおわり

塩生(しょうぶ)の巡礼桜

例年の見頃:4月中旬〜下旬

推定樹齢700年のエドヒガンザクラです。樹高約18.2mの大木で、小市の渡しから戸隠方面へ通ずる古道にあったことからこの名がついたといわれています。

散りおわり

散りおわり

2020/05/08 更新 散りおわり(保科温泉は休業中)

若穂 保科温泉(旧 永保荘)

例年の見頃:4月中旬~下旬

保科温泉前の広場に桜並木が続き、夜にはぼんぼりが灯り夜桜も楽しめます。また長野市の眺望の向こうに、北アルプスが顔を覗かせる素晴しい景色が望めます。

  • ライトアップ
散りおわり

散りおわり(保科温泉は休業中)

2020/05/08 更新 ※平日観測のみ 散りおわり

鬼無里 高橋のしだれ桜

例年の見頃:4月下旬〜5月上旬

樹齢400年のしだれ桜は高橋公民館の前庭にあり、地域住民の憩いの場となっており、百年後の花のため、大切に守っています。
言い伝えによると、1630年、鬼無里の中心地にある松巌寺境内に咲いていた木から分け、高橋地区の薬師堂内に植えられたと言われています。高橋薬師堂には石像群があり、繊細な彫が美しい西国三十三番観音があります。

散りおわり

散りおわり

2020/05/08 更新 ※平日観測のみ 散りおわり

天宗寺の桜

例年の見頃:4月下旬~5月上旬

長野市指定天然記念物。本堂の両脇に並ぶシダレザクラは枝を伸ばして互いの枝先を合わせるようになりいつからか「合掌桜」と呼ばるようになりました。
樹高約19m、胸高周約3.9m 樹齢約400年 ※平日観測のみ           

散りおわり

散りおわり

2020/04/27 更新 散りおわり

茶臼山恐竜公園入り口

例年の見頃:4月中旬~4月下旬

茶臼山恐竜公園入り口の土手に、約80本の桜が並びます。満開の時期には桜のトンネルが楽しめる。種類はソメイヨシノとヒガンザクラ。また茶臼山マレットゴルフ場の中にも桜が咲きます。

散りおわり

散りおわり

2020/04/24 更新 ※平日観測のみ 散りおわり

桜土手(アークス)

例年の見頃:4月上旬~中旬

犀川沿いアークス付近に約60本のソメイヨシノが立ち並びます。※平日観測のみ

散りおわり

散りおわり

2020/04/22 更新 散りおわり

光林寺のソメイヨシノ(篠ノ井)

例年の見頃:4月中旬〜下旬

篠ノ井の中尾山温泉の近くにある光林寺は浄土宗の古刹で、川中島の戦いの折には武田信玄が陣を張りました。樹齢約300年のシダレザクラが6本、ヨシノザクラ(ソメイヨシノ)が15本あります。ゆったりと枝を伸ばした桜は見事です。

散りおわり

散りおわり

2020/04/13 更新 散りおわり

典厩寺のオオヤマザクラ

例年の見頃:4月中旬

本堂前の庭園に4本のシダレザクラと2本の大山桜が混在し、シダレザクラが満開の時期には庭を埋め尽くす程の桜が広がります。シダレの満開から少し遅れて 濃いピンク色の大山桜が咲き始めます。
※拝観時間 / 8:30~17:00 拝観料/200円 資料館あり

散りおわり

散りおわり